おしぼりとは

ホーム > 事業内容 > おしぼりとは

文化と精神

「おもてなし」の精神

喫茶店、居酒屋などで、日本の“おもてなし”精神を象徴する国民にとって最も身近な物、それがおしぼりです。布製のおしぼりは、海外ではまだ一部でしか普及していませんが、外国雑誌などでは「疲れを癒す白くて小さな名脇役」「もう世界に隠せない居酒屋で味わう隠し味」などと紹介され、少しずつではありますが、おしぼりは海を越えて確実に世界へと広がっています。

日本の喫茶店や居酒屋に行くと、必ずと言ってよいほど布製のおしぼりが差し出されますよね。温かいおしぼりや冷たいおしぼり、直接手で渡してくれる店、木製のおしぼり置きに置いてある店。出し方は色々あるにせよ、そこに共通するのは、日本古来より受け継がれてきた“お客様をおもてなしする”精神なのです。

(東日本おしぼり協同組合ホームページより引用)

歴史と成り立ち

おしぼりの歴史は、『古事記』や『源氏物語』が書かれた時代まで遡ると考えられています。前身となっているのは、お公家さんが客人を家に招く際に提供した、“濡れた布”。そして、江戸時代になると木綿の手ぬぐいが普及し、旅籠(はたご)と呼ばれた宿屋の玄関に、旅人のために水を張った桶と手ぬぐいが用意されるようになります。客は手ぬぐいを桶の水に浸してしぼり、汚れた手や足をぬぐいました。この“しぼる”という行為が、おしぼりの語源になっていると言われています。こうしておしぼりは、客人や旅人の汚れた体をきれいに拭うため、そして疲れを癒すために欠かせない存在となっていきました。

(東日本おしぼり協同組合ホームページより引用)

戦後復興で日本に少しずつ飲食店が増えていくと、戦時中の混乱で消えかけていたおしぼりの習慣も徐々に普及し始めます。当時はおしぼりを自店で洗い、丸めて自家製のおしぼりをつくり提供していましたが、客数が増えると手作業では追いつかなくなります。そこで、“おしぼりを貸す”というビジネスが生まれました。最初は自家製の洗濯機を使い、1本1本手で巻いて飲食店などに卸していましたが、その後外食産業がさらに発展したことで、業者は量産体制を備えるまでになり、貸しおしぼり業が一つの立派なビジネスとして確立されました。

(東日本おしぼり協同組合ホームページより引用)

おしぼりの役割

おしぼりの役割について